冠婚葬祭も慌てずに準備が整うレンタルサービス

冠婚葬祭も慌てずに準備が整うレンタルサービス

冠婚葬祭も慌てずに準備が整うレンタルサービス

レンタルサービスは上手に活用すべき

 

結婚式やお葬式などの冠婚葬祭では、その場に合った衣装で参加する事がマナーですよね。まだ参加した事がないという人は着ていく衣装を持っていないという人も多くいると思います。

 

冠婚葬祭でのマナー

日本には昔から大切にされてきた冠婚葬祭があります。成人式・結婚式・お葬式・法事、お盆と人生の節目に行われる催し物です。冠婚葬祭へ参加する時にはそれぞれのマナーがあります。

 

例えば結婚式には礼服を、お葬式には喪服を着て参加します。結婚式では女性なら普段のワンピースではなくフォーマルワンピースやドレスなどで参加します。男性がお葬式へ参加する場合には、仕事で着ているスーツではなく喪服を着ていかなくてはなりません。

 

相手に失礼のないように、それぞれのマナーを守って参加しましょう。

 

冠婚葬祭の参加は突然決まる事が多い

冠婚葬祭の中でも結婚式・お葬式への参加は、参加する側はこの時期になどの日程を事前に把握できない事が多くあります。突然知らせを受けて参加するという事も多くあります。なので、去年は冠婚葬祭へ4回参加したけれど今年は全く無いということもあります。

 

礼服・喪服以外にも参加する時に必要となる物

喪服の平均的な値段は15.000円~30,000円前後です。結婚式へ着ていく衣装も、普段着る服より高価になります。年代が上がれば値段も少しずつ高くなっていくでしょう。

 

参加する時には礼服・喪服以外にもバックや靴などの小物も必要になってきます。礼服も喪服も一式揃えるとなると、ある程度の予算が必要になります。

 

一式揃えれば長く着れるというけれど

礼服も喪服も一度、一式揃えれば長く着ていけるといいます。
確かに礼服・喪服などは一つ一つのアイテムが高額なので良い物は長く使っていけますよね。けれど、いつ訪れるかわからない冠婚葬祭では次の参加はまた数年後なんて事も珍しくはありません。

 

数年の間に体型が変化して、久しぶりに着てみたらサイズが合わない!といったハプニングもとても多いものです。また新しく買う事になれば費用も時間もかかってしまいます。近場ですぐに購入できるお店があれば良いのですが、買いに行く時間も必要になります。

 

仕事などで忙しければ買いに行く時間の確保も難しくなって、当日までに準備が間に合うかどうか焦って慌ただしく過ごすことになります。

 

慌てずに準備が整う礼服・喪服のレンタルサービス

サイズの確認や、長年収納していた礼服・喪服なら着ていく前にクリーニングへ出したりと参加が決まれば当日までは準備に慌ただしくなります。サイズも変わってしまって着れない、買いに行く時間も無いと困った時に活躍してくれるのがレンタルサービスです。購入するよりもリーズナブルな値段でレンタルサービスを受ける事ができるのも魅力の一つです。

 

礼服・喪服のレンタルサービスの内容

レンタルサービスでは冠婚葬祭に必要な礼服・喪服などフォーマルな衣装のレンタルができます。平均相場は約5,000円前後ととてもリーズナブルなんです。男性・女性からキッズ、妊娠中にも着る事ができるマタニティタイプも用意されています。

 

男女共に小さいサイズから大きいサイズまで豊富に用意されているので、自分に合った衣装を見つける事ができます。風通しの良いサマーフォーマルの礼服・喪服も取り扱っているレンタルサービスもあるので、暑い夏場などには嬉しいサービスですね。

 

レンタルサービスの流れ

レンタルサービスの公式サイトからレンタルしたい衣装を選びます。住所や氏名、利用したい日など必要項目を入力します。注文を確定したら確認メールが届きます。

 

わからない事などがあれば注文時に問い合わせする事もできるので安心です。レンタルの注文が確定すれば、利用する日の約2日前には衣装が届くのでバタバタと慌てる事もありません。

 

レンタルした衣装の返却の仕方

衣装が到着した時に返却の期日の書かれた伝票も同封されているので、期日内に発送して返却をします。返却時の郵送料は無料としているレンタルサービスが多いです。郵便局やコンビニから発送する事ができます。

 

嬉しいサービスいろいろ

各レンタルサービスによって色々な嬉しいサービスがあります。往復の送料が無料だったり、返却時のクリーニングが不要だったり、他にもエリアによって即時発送が可能な場合もあります。

 

レンタルサービスのメリット

礼服・喪服などのレンタルサービスの大きなメリットはなんといっても値段です。新しく購入するよりもリーズナブルな予算に抑える事ができます。そして小物のバック・ネクタイ・アクセサリーなども衣装と一緒にレンタルできるサービスもあるので、一回のレンタルで参加に必要な物が全て揃える事ができます。

 

子供の成長は早いですよね。子供用に礼服・喪服を揃えておいてもサイズがすぐに変わってしまいます。礼服・喪服のレンタルサービスにキッズ向けが用意されているのも嬉しいメリットです。

 

礼服・喪服の収納は普段着以上に気をつかいます。収納場所も必要になります。家族で住んでいれば家族の人数分の礼服・喪服もレンタルサービスを利用する事で、衣装で収納場所をとられてしまう事がなくなります。

 

レンタルサービスのデメリット

便利なレンタルサービスですがデメリットもあります。インターネットを使って各レンタルサービスの公式サイトからの注文がほとんどなので、実際に衣装を試着する事はできないという点です。サイズは豊富なのできっと自分に合う衣装は見つかりますが、質感や着心地などを確かめるのは難しくなります。

 

こんな時にも活躍するレンタルサービス

冠婚葬祭の中でも結婚式の場合には同じ時期に続けて参加する事があります。同級生で2人結婚する事になった時などです。フォーマルな着こなしをした女性参加者の華やかさは、お祝いの場の雰囲気を更に明るくしてくれます。

 

別の結婚式でも参加者の顔ぶれが前回と同じだった時など女性の場合は、前回とは違う衣装で参加したいですよね。

 

けれど参加のたびに新しい衣装を揃えていくのは、予算も収納も大変になってしまいます。衣装の他にもヘアスタイルなどで美容室へ行けば更に出費は大きくなります。そんな時にもレンタルサービスなを利用すればリーズナブルに様々な衣装を着る事ができます。

 

すでに一着もっているけど前回とは違う衣装を着ていきたい、こんな時にも大活躍してくれます。

 

大切な冠婚葬祭だからこそ

結婚式やお葬式などの冠婚葬祭は大切な人の、大事な節目の催し物です。マナーを守って参加したいものです。けれど細かいマナーもとても多く存在します。

 

一度覚えておいても、次の参加の時には「どんな服装でいけば良かったんだっけ?」「バックはこれで良いの?」と悩む人も多いようです。礼服・喪服のレンタルサービスであればマナーを間違える事もなく、正しく衣装を揃える事ができます。

 

筆者も以前、急に知人の結婚式への参加が決まった事がありました。一着持ってはいたのですが昔のデザインだったので慌てて新しく衣装や小物などを揃えなくてはいけなくなりました。なんとか間に合いましたが、当日までバタバタと慌ただしく過ごした事を覚えています。

 

次に衣装がまた必要になった時には、便利なレンタルサービスを利用したいと考えています。冠婚葬祭では、ご祝儀やお香典など衣装の他にも事前に色んな準備しなくてはいけません。慌てずに準備が整えば気持ちにも余裕をもって、当日を迎える事ができますよね。


ホーム RSS購読 サイトマップ