礼服・喪服レンタルサービスとは?そのメリット・デメリット

礼服・喪服レンタルサービスとは?そのメリット・デメリット

礼服・喪服レンタルサービスとは?そのメリット・デメリット

礼服や喪服の着用シーンは意外と多い?

 

日本では結婚式やお葬式の際に礼服や喪服を着用するのが一般的となっています。そのため人生の中では何度も礼服や喪服を使用する機会が多くなります。もちろん式に出席しなければ使用することはありませんが、身内の祝い事やお葬式は必ず経験することになるので少なくとも何度かは必ず着用する機会が訪れます。

 

そう考えた場合一度も礼服や喪服を全く着用しないと言うことはまずないでしょう。そうなると少なくとも1着は礼服や喪服を用意しておかなければいけなくなりますし、基本的に喪服と礼服は似ているようで違うものですから、2着用意するという必要性も出てきます。その場合喪服や礼服を購入する費用負担も必要になりますし、何時着用するかわからない礼服や喪服をいつ購入すればいいのかという問題も出てきます。

 

 

これは誰もが必ず経験することになる悩みと言えますので、日本で生活していく上では礼服や喪服問題から逃れることは出来ないでしょう。

 

礼服や喪服を購入する際の問題とは?

 

礼服や喪服は欠かせないものであることは事実であり、社会人になれば会社の祝い事に出席する際にも使用する可能性があります。人間関係が広がれば礼服や喪服の利用率も増えていくことになりますので、自分に合った礼服や喪服を購入する必要性に迫られることになるでしょう。

 

 

その際に問題となるのが、礼服や喪服をいつ購入するのかという問題です。何故なら年齢を重ねるとともに体型にも変化が起こりますので、若いうちに礼服や喪服をオーダーメイドなどお金をかけて購入していた場合、それを着用できなくなる可能性もあるためです。体型が変化しなければ良い礼服や喪服を作っておいても良いでしょう。

 

しかし体型を維持するのは非常に難しいですし、痩せる場合もあれば太ってしまう場合も考えられます。さらに身長が伸びるということも考えておく必要があり、伸びないと思っていた身長が急に伸びてしまいせっかく作った礼服や喪服が着れなくなるということも十分に起こり得るわけです。そう考えた場合、なかなか礼服や喪服を購入するタイミングが見つかりませんし、いざ購入したのになかなか着用する機会が訪れないということも有ります。

 

 

そうなると無駄に礼服や喪服を購入しただけという結果も考えられ、結果的にお金を無駄に使っただけということにもなりかねません。それを回避できるのが礼服・喪服レンタルを使用するということで、現在では全国的に礼服や喪服のレンタル店が増えており利用しやすい環境が整ってきています。

 

礼服や喪服のレンタルサービスとは?

 

礼服や喪服のレンタルサービスとは、いつ使用するかわからない礼服や喪服をいつでも気軽にレンタルすることが出来るサービスです。このサービスの特徴は、老若男女誰でも自分に合った礼服や喪服を見つけることが出来、それをリーズナブルな金額でレンタルすることが出来ます。購入する場合には何度も着用し気に入ったものを買うということになりますが、体系の変化などで買い直しをする必要も出てきますし、保管状態が悪くて虫食いになったり生地が傷んで破れてしまうと言うトラブルも考えられます。

 

 

しかしレンタルの場合自宅に保管するわけでは無いのでそういったトラブルも回避できますし、何より購入して保管するといった手間を一切省くことが出来る為、必要な時に必要な期間だけレンタルして着用することが可能となります。この点はレンタルならではのメリットと言えますし、体系の変化を気にすることなく礼服や喪服を着用できるため、買い直しと言う無駄も発生することがありません。

 

 

礼服・喪服レンタルにかかる費用は?

 

礼服や喪服を購入する場合、少なくとも数万円単位での支出が1着に付き発生します。礼服と喪服を両方揃えた場合には、さらに費用負担が大きくなるわけです。近年では安価な礼服や喪服も販売されていますが、そういった商品は生地も弱く縫製も甘いことが多いので、長期間の使用には耐えられないものとなっています。

 

 

一時的に着用するのであれば安い礼服や喪服でもいいかもしれませんが、安いと言っても数千円と言うことはありませんので、ある程度の支出は免れません。もし夫婦で礼服や喪服を新調する場合にはさらに多額の費用負担が発生しますので、礼服や喪服を購入する際の負担はかなりのものになります。

 

 

ではレンタルした場合の費用はどれくらいなのかと言えば、レディースとメンズで多少の費用の違いはありますが、フォーマルな礼服であればどちらの場合でも5,000円程度の費用でレンタルが可能となっています。喪服の場合も同様で、5,000円程度から借りることが出来るので非常に安価な費用負担で自分に合った礼服や喪服を借りることが出来ます。

 

 

礼服・喪服レンタルのメリット

 

レンタルの強みとなるのは安価な費用でどのような体系の人でも借りることが出来ると言う点で、細身の人でも太めの体系の人でも問題なくサイズをチョイスできます。さらに妊婦用の礼服や喪服なども用意されているので、そういった特殊なケースでも柔軟に対応してもらえます。妊婦の場合礼服や喪服をそのためだけに買うのは大きな無駄になりますので、レンタルを上手く利用する方が費用面での負担を軽減できます。

 

 

礼服や喪服の種類も数多く取り揃えられているのもレンタルのメリットで、女性の場合スカートだけでなくパンツスーツなども選ぶことが出来ます。デザインの多さはそれだけ選ぶ楽しみも増えますし、購入するとなると何着も買わなければいけないのが、好きなデザインの礼服や喪服を好きな時に着用できるわけですからそう考えただけでもメリットは大きいと言えます。

 

 

礼服や喪服も毎年少しずつデザインガ変化しており、その年によって流行もあります。レンタルの場合そういった流行の礼服なども取り揃えていますので、スタンダードな物だけでなく流行に合わせて着用する礼服などを選ぶことも可能になります。そう考えるとレンタルを利用することは決して悪いことではありませんし、時代に合わせて服を借り分け出来る点も優れたサービスと言えるでしょう。

 

 

礼服・喪服レンタルのデメリット

 

礼服や喪服のレンタルは数多くのメリットがありますが、それと同時にデメリットもあります。それは1回のレンタル代金は安価でも、回数が多くなると費用負担が増えてしまうと言う点です。数年に1回程度の利用であれば問題ありませんが、結婚式やお葬式は予想することが出来ません。

 

 

場合によっては1年の間に結婚式やお葬式が何度もあるということも考えられ、その場合にはレンタルするよりも購入した方が費用負担が少なかったと言うことも起こり得ます。もちろんこういったケースは稀だと思いますが、全く起きないとも言い切れませんのでそういったケースに陥った場合にはデメリットと鳴子とも阿rます。

 

 

それとレンタルの場合当日レンタルできない可能性もあります。数多くの種類やサイズを取り揃えていてもレンタルする人が重なればすでに貸し出されていたということも有る開けです。その場合には礼服や喪服をレンタルできないという状況も考えられますので、この点もレンタルならではのデメリットと言えるでしょう。

 

 

とはいえデメリットを差し引いても礼服や喪服のレンタルを利用する意味は有りますし、気軽に礼服などを借りることが出来ると言う点においては購入するよりも優れていると言えるでしょう。近年ではネットでレンタルも可能になっていますので、遠方でも自宅にいながらレンタルできると言う点においては便利ではないでしょうか。上手く活用すればこれほど良いサービスは無いと言えます。


ホーム RSS購読 サイトマップ