喪服レンタル.com 急な葬儀に便利な喪服レンタル

喪服レンタル.com 急な葬儀に便利な喪服レンタル

ご不幸のお知らせは急なもの

喪服

 

お通夜やお葬式への参列の機会は、常に急にやってきます。結婚式などとは違い、あらかじめ予定が立てられるものではないからです。長い人生生きていれば必ず、誰かのお通夜やお葬式に参列する機会がやってきます。

通夜、葬儀・告別式での服装は?

通夜、葬儀・告別式での服装は?

 

通夜や葬儀・告別式では決まった礼儀作法があります。仏式、神式、無宗教式など、宗教の違いにより細かな部分は異なってきますが、服装についてはそれぞれでほぼ共通するようです。以下に参列者の服装についてまとめます。

 

・仮通夜は、亡くなった直後に行われるものです。知らせを聞いて取り急ぎ駆けつける場合が多いので、地味な平服で結構です。喪服では、不幸に対して準備ができていた印象となり、かえって場にそぐわなくなります。

 

・通夜は、葬儀・告別式の前日に行われるものです。仮通夜同様、取り急ぎ駆けつけるという意味合いもありますが、近年では急でない場合も多いので、葬儀・告別式と同様にブラックフォーマルも一般的となってきました。

 

男性は、濃紺やダークグレーのスーツ等の略式喪服でも構いません。ストライプでも目立たない場合は可能である場合もあります。ネクタイは黒や地味な柄を選びます。

 

女性は、紺やグレーなどの地味な色のスーツかワンピースの略式喪服でも良いでしょう。無地であれば、黒いブラウスに黒いスカートを合わせる形でも結構です。ストッキングは黒か肌色にします。

 

・葬儀・告別式の場合は、基本的にブラックフォーマルがその場にふさわしい服装です。

 

男性は、ダブル、シングル、三つぞろいのいずれかのブラックスーツです。中は白シャツに黒無地のネクタイです。靴には金具がついていない黒色を選びます。

 

女性は、黒のワンピースやアンサンブル、スーツスタイルです。肌の露出を控えるのが原則なので、夏でも半袖よりは五分袖にするなど気を付けましょう。ストッキングと靴には黒を選びます。

喪服はいつ用意すべきか?

喪服はいつ用意すべきか?

 

これらの喪服は、いつ揃えたらいいかというタイミングが難しいものです。平時には必要性を感じないので購入しようとはなかなか思いません。それでも、子供や学生であれば普段着や学生服で何とかなりますが、社会人ともなると、やはりきちんとしたブラックフォーマルを1着は用意しておかないと恰好がつかないものです。

 

しかし、ブラックフォーマルなどの喪服は普通の服よりも値段が張りますし、どういったものを選べば良いかも迷いやすいものです。有事の際には必要だとは分かっているけれども、手を出しにくいと思っている人が多いのも事実です。

喪服のレンタルサービスとは?

喪服のレンタルサービスとは?

 

最近では急な場合に対応できるよう、喪服の各種レンタルサービスが充実してきています。実際に試着をして選ぶタイプ、インターネットで選んで発送してもらうタイプなど、様々なサービスが展開されています。

 

結構、礼服のレンタルについては悩みを持っている方が多いようです。

 

親族の結婚式で帝国ホテルに呼ばれたのでレンタル礼服が必要なんですが
葬儀屋は、礼服をレンタルしてくれるのですか
今度知り合いのの結婚式があり礼服を
※参照 Yahoo知恵袋

 

例えば、試着ができるタイプであれば、最短で当日に予約を入れて店に出向き、試着して気に入ればその日のうちにレンタル契約をして持ち帰りができるサービスがあります。インターネットや電話で試着の予約ができるので手軽ですし、契約後は最長3泊4日で衣装を借りられるので、返却にも余裕が持てます。またクリーニング不要である場合も多く、着付けまで行っているなど、利便性は高いです。

 

試着ができるタイプのサービスは、葬儀社でも取り扱っている場合があります。男性・女性用の喪服、略式喪服を多数取り揃えていて、予約がない場合でも利用できることがあるようです。困った時には近くの葬儀屋に足を運んでみるのもよいかもしれません。

 

試着ができるタイプでは、サイズが合わなかったり、デザインや色味が想定とは違ったり、というトラブルを防いで、確実に安心して借りることができます。また即日借りられるところが多いので、その日の通夜に参列する場合に対応できますし、翌日までレンタル服が届かずにそわそわ待つといったストレスを避けることもできます。近くに試着ができるレンタルサービス店があるならば、そちらをぜひ利用したいものです。

 

インターネットで選んで発送してもらうタイプでは、喪服を写真で選び、届け先や支払い方法などを選択して発送してもらう流れが一般的です。手軽に自宅からでもできるので、近くにデパートなどの商業施設がない地方でも注文できるのが利点です。大抵は翌日中にはレンタル服が届くようになっています。

 

インターネットタイプでは、パソコン画面上の写真だけで選ぶことになるので、多少サイズやデザイン、色味に不安が残ります。しかし、フリーダイヤルでの問い合わせに随時対応していたり、万が一注文内容と異なる商品が届いた際の保障がついていたり、不安を解消するための各種サポートが設けられています。返却についても3泊4日で送り返せばよいものが多いため、余裕を持って返却ができます。

 

喪服のレンタルサービスは全般に、男性服などに特化したタイプや、妊娠中の女性にも安心なマタニティ服にも対応したタイプや子供服まで揃えてあるタイプのお店があります。用途によって使い分けができて便利です。

レンタル料金は高額なのではないか?

レンタル料金は高額なのではないか?

 

喪服のレンタルサービスは全国で様々なタイプが展開されていますが、その料金が気になるところです。喪服は普通の服よりは質が良く、高価なイメージがあるので、レンタルと言えども料金が高額になってしまわないかが心配になります。

 

試着タイプでは大体6000円台からレンタル可能です。購入すると数万円となってしまうので、1回しか着ないのであればレンタルの方がお得です。これに小物などのオプションをつけても1万円以下でコーディネートできます。

 

インターネットタイプでは4000円台からレンタル可能なところがあります。試着タイプよりも若干料金が低いのが特徴です。保障オプションをつけると少し値段が上がります。

 

いずれのタイプでも、より良いものを選ぼうとするとレンタルでも2万円くらいしてしまいますので、予算と自分の好みとのバランスで選ぶようにすると良いでしょう。

喪服レンタルのメリットとデメリット

喪服レンタルのメリットとデメリット

 

喪服レンタルの最大のメリットは「費用を低く抑えられる」という点です。いくらお通夜が急であろうが、その気になればすぐに買いに行けます。そうせずにレンタルすることで一度の出費を安く抑えられる利点があります。

 

例えばある礼服レンタルサイトの場合、多くのサイズで4800円でレンタルすることができます。

 

また「毎回違う喪服を選べる」ことも大切な利点です。女性で嬉しいのが、有名ブランドや有名デザイナーのブラックフォーマルが借りられるサービスがあることです。喪服と言えども、少しは他の人とは違ったデザインを取り入れたいと思うおしゃれ心はあるものです。こういったブランド服は礼服としても需要が高いです。

 

さらに「忙しい場合でも用意できる」のもメリットです。仕事が忙しく、平日に喪服を買いに行けない場合には、インターネットサービスは特にありがたく感じることでしょう。お通夜などのお知らせは急に入ってきますが、仕事のスケジュール変更はすぐにはできないこともあるのです。

 

また、「サイズが変わりやすい子供には都合がよい」という利点もあります。子供はすぐに大きくなるので、その都度サイズが合う喪服を準備するのは無駄に感じることです。加えて、お葬式などの場にふさわしい服をお店側がセレクトしてくれるので、「礼儀作法を知らない人でも、場に合った服装ができる」という利点もあります。

 

一方のデメリットですが、「頻繁に着用機会がある人には損になる場合もある」ことが考えられます。社会人になると、仕事場の上司や取引先の関係者など、付き合いが広くなりますので、いつ何時ご不幸があるか分かりません。多い時では毎月のようにお通夜などに参列するといった人もいます。こういった人はレンタル品でなく、自分用の喪服を1着用意した方が損をせずに済みます。

 

またレンタルサービスでは「即日用意できない可能性がある」こともあります。インターネットタイプでは基本的に即日は無理ですし、試着タイプでももしかしたら品切れや他の人の予約済みである場合もあり得ます。100%確実な方法ではないことを肝に銘じておいた方が良いでしょう。

 

さらに、レンタル品なので「汚損や破損に特に注意が必要」です。裾が破けてしまったり、飲み物をこぼしてしまったりしないように細心の注意が必要です。汚損や破損がひどい場合には、最悪の場合、追加料金が発生する場合があります。

レンタルサービスは上手に活用すべき

レンタルサービスは上手に活用すべき

 

ここまで挙げてきたように、レンタルサービスは便利ですが、時と場合に応じて利用すべきかどうかの判断をすることをお勧めします。喪服は、大人であればやはり1着は自分の物を用意しておきたいところです。そこを現実的な問題と天秤にかけて、急場しのぎとしてレンタルサービスを上手く活用できるようにしたいものです。


ホーム RSS購読 サイトマップ